好きな人と喧嘩!うまく仲直りする4つの方法!

PAK88_yopparai20140921200627500-thumb-815xauto-5755

好きな人とケンカをしてしまうこともあるでしょう。

その相手が付き合っていない人であれば、どのように対処をしたらいいのでしょうか?

 

付き合っている場合とはまたちょっと違うこともあるでしょう。

もしも好きな人とケンカをしてしまったら、どんな方法で仲直りしたらいいのでしょうか?

 

仲直りの方法を少し伝授したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

付き合っていないけど好きな人とケンカをしてしまった!仲直りの方法は?

PAK73_panchisareru20140321500-thumb-815xauto-4900

気になっている人、好きな人、一方的に好意を持っている人とケンカをした場合、その対応に困ってしまうこともありますよね。

 

無理のない仲直りの方法はいくつかあります。

自分に出来る方法で仲直りしてみては?

具体的な方法を4つ紹介します。

 

プレゼント

 

悪いな、と思う気持ちを伝えるためには、何か埋め合わせを考えなければいけないと思います。

いきなり「この前のお詫びで食事でも」と言えばハードルも高くなってしまうでしょう。

 

ですから、何か好きそうなものをリサーチしてプレゼントをすることを考えてみてください。

プレゼントという大げさなものではなくても、例えば好きなお菓子を渡す、ということでもいいのです。

 

2度と繰り返さないように伝える

 

これはとても大事です。

ケンカには必ず原因があります。

 

その原因になったことについて、2度と繰り返さないようにキチンと誠意を持って「ごめんなさい」と伝えることも大事です。

 

相手を怒らせるようなことをしてしまった、という場合にはその怒らせるようなことを2度をしないと分かってもらえるまで伝えましょう。

 

謝罪には気持ちがとても大事になるのです。

 

少し時間を置いてみる

PAK66_LOVEnigiri20140301500-thumb-autox600-4340

ケンカをして時間が経っていないとお互いに正しい判断が出来ないということがあります。

時間が経過をしてしまえば、謝りにくくなることもあるかもしれません。

 

それでもどうしてケンカになってしまったのか、客観的に考えてみることも必要です。

自分だけではなく、相手も冷静になる時間が必要です。

 

1、2日経過をしてからキチンと謝罪をすることも大事です。

 

スポンサードリンク

 

さりげない優しさ

 

男女ともにさりげない優しさは喜びや好意にも変わります。

オフィスであれば、お茶を入れる、とかそういうちょっとした気配りで印象が変わることがあります。

 

しかし、それで許してもらうと考えない方が良いです。

許してもらうために行うのではなく、気配りをすることによって印象を変えてもらうことが目的です。

 

ケンカには原因があるので、その原因についてしっかりと考えることが大事です。

意味もなく怒るということはないのです。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ