怪しい!ひとてまいの安全性は本当?授乳中でも大丈夫なの?

242c01180623cf4a339c44217c729503_s

家族の健康を預かるお母さんにとって日々の食事には気を遣うものです。

栄養はバランスよくとることが良いと言えど、家族はそれぞれ好き嫌いがあり、もちろん自分にだって好きなもの嫌いなものがあります。

 

嫌いなものを無理して食べたり、食べさせたりはストレスですし、だからと言って好きなものばかりでは栄養が偏ってしまう。

栄養サプリは見た目が薬そのもの、何か科学的で自然じゃないように感じてしまう。

 

ならばそのちょうど間をとるようにして、ごはんと一緒にいただける栄養の高い食品を試してみるのはいかがでしょう。

人気のあるブロガーや芸能人にも愛用され、TV番組での露出も増えている今注目の食品「ひとてまい」

 

確かに良い部分はよく聞くけれども、セールス上良いところしか言わないのでは?

そもそもたった一つの栄養食品でまるっと栄養のバランスが取れるだなんておいしい話があるのでしょうか?

 

家族のためにも、ご自身のためにも本当に安心して良いものを選びたいですよね!

キッチリ見極めてゆきましょう。

 

スポンサードリンク

 

確かな安全性と納得の品質

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

ひとてまいは財)日本健康・栄養機能食品協会により原材料から出荷、製品の品質安全性確保を図るためのGMP認定を受けた工場で製造されています。

製品には天然由来の成分を使っており、無香料、無着色な上、保存料を使用しておりません。

 

気になるお子さんへの影響や、年々免疫の下がるお年寄りにも安心して摂取することのできる製品です

むろん植物由来の栄養素が多い場合、敏感な方は急激に胃腸が活発になり崩してしまうこともあるでしょう。

 

個々人の体質によっては、ひとてまいの栄養素が強く影響する場合も考えられます。

ですが、安全面においては生産地もしっかり明記され、東日本大震災後気になる放射線量もきちんと検査をし、出荷されています。

 

妊婦でも赤ん坊でも!

0401e017be1801727db97ed336f260e4_s

無香料、無着色で保存料の使用を一切しておりませんので赤ちゃんへの影響が心配な妊婦さんでもひとてまいは安心して使用することができます。

 

妊婦さんは初期のつわりがひどい場合何を食べても吐いてしまったり、栄養を十分に摂取することができなくて、赤ちゃんの栄養を取ることができない自分を精神的に追いつめてしまうパターンがあります。

 

ひとてまいであればスプーン1杯分で各種の栄養が補給できるほか、ごはんと一緒に炊き込むことが推奨されていますが、そのほかの食品はもちろん、コーヒーや紅茶などの飲料にもサっと溶けて、自分が食べれるものにプラスアルファすることが可能です

 

さすがに冷たいジュースなどには溶けにくいですが、幅広く順応できるためお好みの食品、飲料に加えることが可能です。

 

また、赤ちゃんが生まれてからの離乳食などでひとてまいを混ぜ込んだご飯を使うときは、栄養過多になるから気にしなくてはダメかな?と心配になるでしょうが、そちらにも問題はありません。

 

もちろん授乳中にも安心して食べていただけます。

 

スポンサードリンク

 

豊富な栄養素ゆえに起こり得るアレルギー反応

bbeae967739e85e0e77249c3b9f03266_s

食物アレルギーを抱えるお子さんにとって、成分のはっきりしない食品ほど恐ろしいものはありません。

ひとてまいにはビタミンB1やB6などを定着させるため化学合成物質を使用していますが国の許可を得ている体に無害な物質を使用しています。

 

食物繊維、ポリデキストロースはトウモロコシの食物繊維を使用し、コラーゲンペプチドは魚由来の天然コラーゲンです。

当分は砂糖よりもカロリーが低く血糖値を上げにくいオリゴ糖、オリゴ糖は免疫力を高め花粉症などのアレルギーを間然する作用もあるとされています。

 

不足しやすいカルシウムとミネラルの吸収を助ける働きもあるのです。

トレハロースはジャガイモやトウモロコシのでんぷんから作られている天然由来成分で、生命維持にも重要な役割を果たす糖分です。

 

乳酸カルシウムは健康補助食品として許可されている食物添加物になり様々な食品の栄養強化にも最適とされています。

ヒアルロン酸は乳酸菌由来であり、動物由来に比べアレルギーや感染症の心配が少なく拒絶反応も引き起こしません。

 

原材料として記載されているすべてのものが安全であると保障されています

原材料を確認したうえで食物アレルギーへの反応が心配である場合、使用する前に医師に相談するのもよいでしょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ