私も華奢になりたい!華奢な人の6つの特徴!

f844f97c3c0937c6d763a814bd446626_s

身体が華奢であるということは、周りの人によく見られるということになりますよね。

この記事では、華奢になりたいという人のために、華奢な人の特徴について解説していきたいと思います。

 

華奢な人の特徴を知れば、華奢になるために心がけるべきこともわかってくるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

痩せているが、ガリガリすぎない

 

179083af26b6480fdfa16b77e44dce0c_s

華奢な人というものは、何しろ華奢ですので、基本的に痩せています

ガリガリに痩せている人は不健康に見えますが、「華奢」と言われるタイプの人の場合、ただむやみに痩せている人よりも上品な痩せ方であり、ギリギリ健康的にとどまっています。

 

痩せていることがその人にとってプラスに働いているのであれば「華奢」、そうでない場合は「ガリガリ」というような考え方をすればわかりやすいのではないでしょうか。

華奢に見えるようになりたい場合は、痩せても痩せすぎず、ギリギリ痩せすぎにならない程度にまで細くなるのがいいですね。

 

とてもそれは難しいことですが、華奢になりたいという場合は頑張ってみてはいかがでしょうか。

何度も言いますが、不健康そうに見えてしまっては華奢の範囲を超えてしまいますので気をつけましょう。

 

節制をして生活している

 

e26e6b1cc8feff60902c99a98d86cb61_s

華奢な人というものは、華奢な体型を維持しているというわけで、意識しているのか、そうでなくいつも通りに生活していてかはわかりませんが、普通の人よりも小食だったり、無駄な消費をしなかったりと、摂生された生活を行っているものではないでしょうか。

何も考えずに食べたいだけご飯を食べたり休んだりしていれば、体重はどんどん増えていくものです。

 

いくら食べても太らないという人はもちろんいますが、やはり華奢であるという人は食事などを節制していると考えて良いでしょう。

華奢になるにはご飯を満腹まで食べず、腹八分目かそれ以下に抑えた方が良いですね。

 

運動は、なかなか難しいポイントです。運動をしていれば健康になれますし体重も落ちますが、ただ運動をしていただけで「華奢」になれるかは微妙なところではないでしょうか。

どこが痩せれば華奢に見えるかは、これ以降に挙げていく特徴をチェックしてみてください。

 

手足が長くてすらっとしている、頭が小さい

 

f87322450ebad79017c269f18b9141c6_s

華奢であるということは、正面から見た際に(もちろん横や後ろからもですが)、見かけの面積が狭いということですよね。体重が痩せていても、がっしりして横に長ければ華奢でも何でもありません。

手足の長さや頭(顔)の小ささは、華奢になるにあたってとても重要なポイントではないでしょうか。

 

手足が短いと、ただ単にコンパクトなだけで華奢には見えません。「細長い」人でなければ、華奢と評されることはないのです。

手足を長くするには、頭を小さく(小顔に)したりするには、整体やマッサージが効果的ですね。手足は整体を受ければ、長くなるというよりは今までゆがんで短くなっていたのが本来の長さに戻ります。顔もマッサージで骨の組み合わせを矯正可能です。

 

スポンサードリンク

 

服装で身体のラインがわかりやすい、着やせしている

 

463ffff65f038749677a41528cf6f4d5_s

身体のラインがわからないような服を着ている場合は、あまり華奢には見えないでしょう。その分面積が広くなってしまうためです。

身体のラインというものはあまり見せたくないものですが、痩せたうえで痩せていることが誰にでもわかるような服を着ていれば、「華奢だね」と周りに言われる確率は一気に上がってくるのではないでしょうか。

 

また、着やせすれば華奢度が上がりますね。着やせして見える服を選んで着れば、やはり痩せて見えてお得です。こちらも試してみてはいかがでしょうか。

 

鎖骨が見える

 

fb712a1b23d426cd04e8393377b0fed2_s

鎖骨とは、肩から胸あたりにかけて浮かんでいる骨のことですよね。鎖骨がはっきりと見えるようであれば、痩せているように見えます。

そして鎖骨は、ハの字や逆ハの字(極端なVの字)だとあまり綺麗ではありません。できる限り横にまっすぐ、左右が一直線に見えるような鎖骨になっていれば、痩せて見えますし、上品です。

 

鏡で鎖骨を確認してみましょう、鎖骨は肩を回すエクササイズによって矯正していくことができますよ。

 

肩幅が狭い

 

d182758a6ac48b6bf6380c9e1ae8b985_s

肩幅が広いと、やはり面積が広くなりますので大きい人に見えてしまいます。ただ痩せるだけでなく、肩幅が狭く見えるように調節していった方が良いでしょう。

猫背であったり、日頃肩に負担をかけすぎていたりすると、肩幅が広くなります。スポーツをしていると肩幅が広くなりますので、元々華奢な人はあまりスポーツをしていないということが考えられますね。

 

肩幅を狭くするには猫背をやめて、肩をストレッチしていくことが重要となるでしょう。

限界が見えた場合は、肩幅を広く見せないような服装を心がけるのがベストですね。

 

以上が、華奢な人の特徴となります。華奢になるのは難しいですが、ぜひ頑張って、華奢な人物を目指してみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ